読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オールダメンダー

厄年マシュマロ系どん亀ローディーのぼっちライドメモ。

TOJ京都ステージ観戦(2017/05/22)

昨年に引き続き今年も「第20回 ツアー・オブ・ジャパン第2ステージ 【京都】」の観戦に、実家への帰省がてら行ってきました。

ステージのフィニッシュ地点の「けいはんなプラザ」は実家からわずか3kmあまりとグッドな場所にあるんだけど、今年は去年天候の都合で行けなかった「普賢寺ふれあいの駅」までまずは行ってみる事に。

朝5時半頃起床して用意。普賢寺ふれあいの駅までは約11kmほど。普通なら30分もあれば十分着く距離だけど、初めてのルートだし峠道なので少し余裕を持って6時半過ぎに出発。

思った以上にアップダウンの激しいコースで斜度も時折10%となかなかの坂ばかり。途中竹林があったりしたけど雰囲気を楽しむ余裕もなく(もちろん写真撮る余裕もなく)、疲労困憊しながら7時10分くらいかな?到着。さすがに運営スタッフの人以外まだ誰も来ておらず、どこにチャリ停めて良いのかも分からずウロウロ。バイクラックを見つけてそこに掛けて、少し様子見。建物の中に入ってみるとサインとか去年のジャージが飾ってあった。誰のサインだったかよく見ておけば良かった。。。

f:id:mix-juice:20170523174038j:plain

しかしまだテントがあるだけで選手やチームスタッフは誰も来ておらず、ベンチに座って準備の様子を見てると、チラホラと観客の人たちが増えてくる。

f:id:mix-juice:20170523174327j:plain

少し待つと去年この京都ステージでお会いして今年は一緒に観戦する約束をしてたHAKEのK-tanさんが到着して合流。ぶっちゃけ選手とかチームとかよく分からないので、色々教えてもらいながら見て回る。

f:id:mix-juice:20170523174347j:plain

と、そこにTwitterの自転車界隈では有名人の神楽坂つむりさんが!念願の「もしつむ」して握手もしてもらった。しかもお隣には犬速さん。さすが関西、関西勢が居る!(当たり前

f:id:mix-juice:20170523174404j:plain

右がつむりさん、左がK-tanさん。どっちのバイクもカッコイイ。。。

それから適当に見て回ったり話をしたのち、選手のスタートを待たずにけいはんなプラザに向かう。道がイマイチよく分からないので、K-tanさんに牽いていただきながら着いて走る事に。もともと貧脚な上に土曜の山練もあったので、ゆっくりペースってお話だったのだが、平坦30km/h以上、上りでも20km/hとかでガチ死亡。最後の上りとかヘロヘロになりながら着いてって9時半頃けいはんなプラザ到着。

まずはRaphaの各ステージ限定キャップを買いに。在庫はまだそれなりにある模様。とりあえず一つ確保して、出店を見つつ観戦ポイントをさがす。やはりボトル欲しいよねって事で補給ポイントの手前を陣取ってみる事に。木陰でしばらく話をして、選手が周ってきたのでコースに出て応援。

f:id:mix-juice:20170523174426j:plain

しかしボトルは来ない。一度来たら30分程度間が空くので、トイレ行ったりご飯買ったり二つ目のキャップを確保したりNTNベアリング組み立て体験をしてみたり。それにしても暑い。。。

f:id:mix-juice:20170523174439j:plain

次は補給ポイントの向こうに行ってみましょうって事でそちらで観戦。するとすぐ横をボトルが!!!しかし写真を撮っていたため、気付いたらオバハンにササっと取られてて涙。。。しかしこのポイントは行けるんじゃないとココらへんで粘る事に。

f:id:mix-juice:20170523174455j:plain

以下待ち時間で色々話して、選手が来たらコースへ行くの繰り返し。そして何とか3ACTIONのボトルをゲット!

f:id:mix-juice:20170523174513j:plain

どこのチームか分からない…ざっくり調べたらマトリックスシマノかなぁ?K-tanさんは粘ってKabutoのボトルとお目当てのバーレーンメリダNIPPO ヴィーニファンティーニのボトルをゲットしてた!すごい!

そして同じ木陰で休んでたどっかのチームの補給係の外人さんに、バナナとパイナップルを差し入れてもらったり。

今回は妻と一緒に帰省してて待たせてるため、レースの終了を待たずに12時過ぎでお先に失礼させてもらった。K-tanさん、長々とありがとうございました。

帰り際に本部前通ったら栗村さんが居たので握手してもらっといた。ちなみに京都ステージのレース自体は逃げからの吸収で結果はマルコ・カノラ選手(NIPPO ヴィーニファンティーニ)が優勝、山岳ポイントは逃げに乗っていた初山選手(ブリヂストンアンカー)が獲得したそうです。去年よりペースが少し早かった気がするけどどうなんだろ?

通行止めが多くて難儀しながら実家に帰宅、シャワって片付けて20時半ころ帰宅。なかなかハードだし新城選手も別府選手もいなくてちょっとさみしかったけど、関西勢の方と会ったり走ったり出来て楽しかったな。また来年も行こうかな。

ライド記録(2017/05/20)

書き忘れてたのであとからアップの金甲山山練、往復約35km。

二度寝三度寝をかまして6時15分頃起床。ムニャムニャ用意して7時前に出発。六番を走った感じでは、35km/hくらい出てて脚の調子は悪くはなさそう。飽浦の交差点が結構混んでてローソンもクルマ多めだったものの、端っこで息を整えて、出発。

走り始めると、やはり脚はそんなに悪い感じはしないけど、最近と言うかここ数ヶ月走れてないのでやはり心肺が追いつかない。ゼェゼェ言いながら上る。なるべく重いギアを選んで走る。

登り口を右折したらもう心肺が終わっててヘロヘロ。ギアをインナーローまで落としてフラフラで上がっていく。金甲山は上るほど日向で暑く、下るほど日陰で寒くなるんで、どんどん暑くなってくるし酸素は追いつかないし脚も力が残ってない感じ。平坦の手前くらいでスコットジャージの方に抜かされる。こちらはヘロヘロだけど割と余裕な感じで上ってて、あんな感じで上りたいわと朦朧としながら考える。

平坦で水分補給して踏み込むも、もう踏み込む力も残ってなくて、調子が良いときなら40km/h近く出るんだけど、35km/hにも一瞬も届かない体たらく。そのまま一番キツい部分へ突入。速度も7km/h台まで落ちて、気力だけで踏んでいく。駐車場の手前くらいでさきほどのスコットジャージの方とすれ違い。速い〜。頑張って展望台へ。

f:id:mix-juice:20170526103025j:plain

タイムは〜32:09。おや?あんなにフラフラでこりゃダメだ、35分超えてるかもとか思ってた割にはそこまで悪くない感じ。

それにしても暑い。あとで見たら頂上は27℃もあった。この季節、途中はポメラニアンみたいな毛虫だし、頂上はハチやらハエやらだらけ。金甲山の看板の上の黒いのはクマンバチとかの虫だからね。

f:id:mix-juice:20170526103310j:plain

汗が顔にダラダラ垂れてくるようになったし、もう夏だな〜って感じ。一休みして帰宅。さすがにローディさんも増えてきて、今日は行き帰りで7〜8人は見たかな。

ストラバにアップして見返したら、前半のローソンから登り口までがPRになってた。2.2km/4%の上りを16秒も縮めてて、完全に前半飛ばしすぎで後半タレタレだろって感じ。心拍は170前後でずっと行ってるから、もう少し抑え気味で後半タレないように走らないとダメね。次は気を付けて走ってみよう(毎回言ってる

ライド記録(2017/05/18)

通勤往復約25km。

気温は朝8時で15.5℃、9時で17.7℃とそこそこ。よく晴れて東寄りの風が少しあるかなってくらい。風の強さの割にはスピードが乗らず、全然走れてない。すぐしんどくなるし、ダメダメ。しかし切り替えてノンビリ通勤にすれば気持ちの良い季節。虫は多いけど。

しかしママチャリの信号無視やら逆走やらが酷い。ブルホーンのピストっぽいお姉ちゃんもフラフラしながら走ってるし、危なっかしい。

帰りは大して風もなく、虫さえいなければ快適ライド。これからまだまだ虫が増えていくからなぁ。

さて、今週のチャリ通は今日で終了。土曜日山練行くかどうするか。